SponsoredLink

アイロンビーズの図案はどう作る?

アイロンでビーズを接着して作品を作る、知育玩具のアイロンビーズ。簡単なモチーフから実用的な小物入れまで、工夫次第で幅広い作品作りが楽しめるということで、人気です。


アイロンビーズで作品を作るとき、まず最初に必要なのがアイロンビーズの図案ですよね。アイロンビーズは図案を自分で考えて作れるところも魅力の一つですが、図案がなかなか考えられなくて、足踏みしている人も多いのでは?


そこでおすすめなのが、アイロンビーズの本。「パーラービーズhappyアイデアブック」というアイロンビーズの図案がたくさん掲載された本があります。数あるアイロンビーズの本の中でも、これはかなり使えますよ!


また、オリジナルのアイロンビーズの図案を販売している人もいます。オークションなど覗いてみると、なかなか面白いアイロンビーズの図案に出逢えることもありますよ。


どうしても自分で作りたいと思うなら、フリーソフトの「アイロンビーズTool」を利用してみてはいかがでしょう?最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてくるとすいすいアイロンビーズの図案が作れるようになり、楽しいですよ。


創造力と工夫次第で、どこまでも広がっていくアイロンビーズの世界。アイロンビーズの様々な図案を目にすることで、自分の創造力も掻き立てられるような気がします。いつかは自分だけの素敵なアイロンビーズ作品を作り上げるため、まずはアイロンビーズの図案作り、頑張りたいところです!

アイロンビーズ、子供たちの間で大人気

ビーズを並べてアイロンで熱を加えて接着するだけで、様々なモチーフや作品が作れるアイロンビーズが、特に子供たちの間で人気なようです。簡単に短時間で出来、自分の作った作品をすぐに見れるというのも、アイロンビーズの人気の理由のようですね。


なかでも、キャラクターもののアイロンビーズは人気ですね。一番人気があるのは、アイロンビーズで作るたまごっち。なんとあまりの人気に、アイロンビーズのたまごっちのセットは売り切れが続出しているのだとか…。


また、アイロンビーズの作品の種類も豊富なポケモン、ディズニーなども、根強い人気があります。他にはマリオやプリキュアなど、ありとあらゆるキャラクターがアイロンビーズで作れるようですね。


これらのアイロンビーズで作るキャラクターものは、アイロンビーズの図案入りの製作キットが市販されていたりするので、簡単に作ることができます。まだやったことがないというお母さん、子供さんと一緒に、子供さんの大好きなキャラクターをアイロンビーズで作ってみては?

アイロンビーズって何??

アイロンビーズという言葉を、ふとネットで目にしました。初めて見る言葉…。名前から察するに、アイロンを使うビーズのこと??何だかよくわからない!なぜかとっても気になったので、アイロンビーズを調べてみました。


結果、アイロンビーズという言葉から連想した私の考えは、あながち間違いでは無かったようで(笑)。アイロンビーズというのは、簡単に言えば、ビーズを並べてアイロンの熱で接着して、何らかの作品を作るという、いわば趣味の部類に入るものかな。


しかし驚いたのは、アイロンビーズが意外と流行っているということ。アイロンビーズは、ビーズを並べてアイロンかけるだけなので簡単だし、子供でも楽しんで出来る。もちろん、大人も十分に楽しんで色々なものが作れる、それがアイロンビーズらしいです。


大人がアイロンビーズを始めたきっかけ、一番多く見かけたのは、「幼稚園で子供がアイロンビーズを習ってきたから」というものでした。子供からアイロンビーズを習いつつ、一緒に楽しくやってたら、自分の方がアイロンビーズにハマってしまった…というお母さん方も少なくないようで。


アイロンビーズの作品も幾つか見てみましたが、見るからに手軽に出来そうなものから、こんなものまで作れるの?!と、つい二度見(笑)してしまうものまで、たーくさん。手軽に出来るというのも魅力だけど、親子で楽しみつつ共通の趣味を持てるというところが、アイロンビーズの一番の魅力なのかな、と思いました。